サイトメニュー

肌トラブルの除去方法

カウンセリング

気になるいぼは、美容整形外科や皮膚科で除去することが出来ます。医療目的の場合保険適用になるので、まずはいぼをしっかり調べてもらいましょう。また除去の方法は様々あり、自分に合った方法で施術することが大切になります。

詳しく見る

悪性腫瘍の特徴

顔に触れる女性

いぼとは、皮膚がドーム状に盛り上がった部分の総称です。無害なもの、悪性腫瘍によるものなど様々な種類がありますが、大きくなっていたり、形が非対称だったりするものは悪性腫瘍の可能性があります。早めに専門医に相談するのが良いでしょう。

詳しく見る

治療をどこに頼むべきか

女性

いぼの治療方法は選択肢が多く迷われる方が多いですが、早期に除去したい場合は医療機関へ受診する事です。その医療機関の治療方法も種類が多いのですが、除去跡や周囲の肌への配慮もして綺麗に取り除ける美容整形外科は、目立つ場所にできたいぼに最適です。

詳しく見る

信頼できるクリニックで

看護師

いぼの治療をするには、いぼのタイプを把握し、適切な方法で治療を受けることが大切です。信頼できる医師の診察を受け、治療法や保険の適用があるのかについて十分説明を受けた上で治療をされることをお勧めします。

詳しく見る

傷跡を残さないことも大切

男性医師

いぼが大きくなる前に早めに治療を行う事で、治療時の痛みの軽減や治療期間を短く抑えられる場合があります。美容整形外科に相談する事で、傷跡が残らない治療方法を提案してもらう事もでき、目立たなくさせる方法にも注目です。

詳しく見る

素肌づくりにも繋がる

看護師

セルフケアも可能

ヒトパピローマウイルスによるいぼは、他の部分にも広がってしまう種類です。自然治癒も可能ですが、移してしまわないためにも、治療が必要です。しかし、自分で削ってしまうことは極力避けたい行為です。もちろん対策として、直接触らず、飲み薬や塗り薬で治すこともできますし、塗り薬ならば、副作用の心配も少なく、健康肌への回復も早いものです。塗り薬には、角質軟化作用のあるサリチル酸が配合されていて、皮膚再生機能の働きで、いぼが押し上げられて除去ができます。液体や絆創膏、クリームなどの種類がありますが、気をつけたいのは、周囲の健常な肌に作用する可能性がある点です。患部にだけ塗ることに注意しさらに、ピンセットを使って芯を取り除く場合、痛みがあればムリはせず、同じ塗り薬を塗布し、成分を浸透させます。また、ウイルス性のみならず水いぼや体質的にできるいぼもあるため、できる部位によっては判断が難しくなります。例えば、足にできていても、水虫に間違うことも初心者ではあるので、こうした問題から、医療機関を訪れるのも1つの手段です。そのつもりならば、美容外科より美容皮膚科を選ぶのが、早期治療に繋がります。いぼにコンプレックスがあれば、外科での切除も手の内ですが、傷跡のリスクを避けるならば、内服薬を利用することもできます。昔から健康的な肌づくりのため、化粧品の成分にも利用されるハトムギが用いられています。新陳代謝を高める効果によって、排膿や解毒を促してくれるので、いぼはもちろん、ニキビや肌荒れ、二の腕のブツブツにも作用し、肌をなめらかにします。病院で処方してもらえば、保険が適用でき、早期治療や早期回復に向け、医師や薬剤師から服用指導が受けられる利点もあります。徐々に効果が現れるタイプなので、単独で使うよりも、相乗効果が期待できる方法も取られています。例えば、美容皮膚科では、液体窒素でいぼを凍結させた治療後に、再発を防ぐため、治癒力を高める目的で使われています。ですが、体に負担のない薬ですから、子供や高齢者のいぼ治療に、こうしたアプローチの仕方は最適です。また、どんな治療でも、肌荒れが心配にもなるので、いぼを除去する前、その後のスキンケアにハトムギ化粧品が使えることも知っておきたい情報です。