サイトメニュー

悪性腫瘍の特徴

顔に触れる女性

成長度に注意

いぼとは、皮膚がドーム状に盛り上がった部分の総称です。見かけは似ている場合が多いのですが、無害なもの、ウィルスが原因のもの、悪性腫瘍によるものなど様々な種類があり、場合によっては専門的な治療が必要になります。そのため、いぼの種類や特徴を大まかにでも理解しておくことは、健康を守る上で大切です。中年期、老年期には、扁平疣贅(へんぺいゆうぜい)または老人性疣贅と呼ばれる、いわゆる「普通の」いぼが多く現れます。数ミリ程度の大きさで、多くは扁平な形をしています。これらは基本として良性のいぼなので、定期的な検診以上の対処は必要ない場合がほとんどです。魚の目、水疱瘡などもいぼの一種です。魚の目は、一般に足の裏にできて痛みを伴います。水疱瘡は一過性のもので、内部に水が溜まって水ぶくれ状になるので、見分けがつきやすいでしょう。これに似た伝染性軟属腫という症状もあり、これは水疱瘡よりも長く残ります。これらも良性で、ガンに繋がる可能性はありませんが、伝染性があるために注意が必要です。老人性疣贅は皮膚の老化が原因ですが、その他のいぼの原因はウィルスと考えられています。有名なものはヒトパピローマウイルス(HPV)です。HPVは子宮ガンなどの原因となるウィルスですが、疣贅の原因になるものは型が違うので、名前から直ちにガンの心配をする必要はありません。ガンすなわち悪性腫瘍は、成長を続けるという特徴があります。いぼに以下のような特徴がみられるときは、専門医の受診が必要です。悪性腫瘍の特徴は、第一に大きくなること、第二に崩れた形のものが多いことです。悪性黒色腫(メラノーマ)は皮膚にできる典型的な悪性腫瘍ですが、これはほくろと似ていて色が黒く、大きくなり、左右非対称であることが特徴です。また、いぼが次第に大きくなり、中央部が崩れて湿り気を帯びてくる場合、有棘細胞がんという悪性腫瘍の可能性があります。悪性腫瘍が危険なのは、それが肝臓や膵臓など重要な臓器に転移する可能性があるためです。いぼは除去すれば問題ありませんが、悪性腫瘍が転移してしまえば、除去しても治療になりません。新しいいぼを発見したときは、まずは観察を続け、大きくなっているようなら早めに専門医に相談するのが良いでしょう。