サイトメニュー

肌トラブルの除去方法

カウンセリング

施術方法や注意点

いぼは、肌に出来てしまうトラブルの一つです。出来てしまう場所、形状、色などによっては大きなコンプレックスになってしまうこともあります。しかし、気になる場合には、美容整形外科や皮膚科などへ行って、除去することが可能です。いぼの切除は、美容目的で行う場合には保険適用にならず、自費になります。その場合、除去手術の方法にもよりますが、5万〜10万程度かかってしまうこともあります。しかし、医療目的で切除する場合には保険が適用になり、費用的負担をかなり減らすことが出来ます。医療目的として扱われるのは、いぼではなく悪性の腫瘍であり、取らなければ命が危険、というような場合です。そのため、まずはしっかりと除去したいいぼについて、調べてもらう必要性があります。調べる場合、美容整形外科でも皮膚科でもどちらでも検査を受けることが可能です。近くのクリニックを調べて、口コミなどを参考にして決めましょう。医師の腕や治療方法などはクリニックによって大きく異なりますので、気になる場合はセカンドオピニオンを受けることもおすすめです。では、具体的にいぼの除去はどのようにして行われるのでしょうか。例えば、液体窒素にて除去するという方法があります。液体窒素は超低温の物質で、めん棒などにつけてからいぼに直接触れさせることで、綺麗にポロリと除去されます。また、突起が少ない場合にはレーザーを使った治療がおすすめです。レーザー治療は、特殊な光をいぼに当てて、細胞を焼いて除去するという方法です。液体窒素もレーザー治療も、大きな痛みを感じることは少なく、よく使われる方法です。他にも突起が大きい場合は、メスを使って直接切り取ってしまう場合もあります。メスを使って直接切り取ることで、再発を防ぐことが出来ます。液体窒素やレーザー治療の場合は、経過によっては再度施術を行わなければならないこともあります。しかし、その分費用は安く済む場合が多いです。このように、除去の方法は様々あり、いぼによって適切な方法は異なります。クリニックの医師との相談のもと、自分に合った方法を見つけて施術を受けましょう。