サイトメニュー

傷跡を残さないことも大切

男性医師

感染の可能性があります

ウイルス性疣贅は、ウイルスが感染してできる皮膚や粘膜の病気なので、うつる可能性があり、大きくならないように早めに治療する事が必要です。小さな傷口からウイルスが侵入して、いぼができる事があるため、お風呂に入る前に体全体をチェックしながら、いぼができていないかを確認することをおすすめします。日常生活で他人にうつす可能性は低いですが、免疫力が下がり、ウイルスに感染しないように、健康に気を付ける事は重要です。いぼができた時に、不必要にいじったり、自分で削ろうとしたりする方もいますが、大きくなる可能性があります。イボを発見した時は、病院で専門医に診てもらい、症状が軽いうちに治療を始める事で、治療期間を短くする事ができます。保険診療の治療もありますが、傷跡が残らないようにしたい方やあまり痛みのない治療を選択できるように、専門医に相談しながら、治療方法を決める事が大切です。いろんな治療方法を自分で調べ、症例写真を見ながら、傷跡が残る心配のない治療方法を見つける事もできます。病院で治療を受ける時に、いぼは再発しやすいため、完全に治るまで治療を続ける必要があります。様々ないぼの治療方法がある中で、液体窒素療法を行う病院が多く、液体窒素で凍らせて、イボウイルスを表皮の細胞ごと破壊する事ができます。液体窒素を使う時は、冷たい感覚を通り越して、痛みを感じるケースもあり、イボの芯がまだの残っている場合は、治療を繰り返します。一日目の液体窒素療法は、強い痛みを感じる方が多いですが、専門医に許可をもらえば、入浴もできて日常生活で大きな影響はありません。治療期間は個人差があり、イボができた場所と患者さんの免疫力によって、治療が長く続く場合がありますが、かさぶたが自然と落ちれば成功です。液体窒素療法は、イボ周囲の皮膚にもダメージを与えてしまう事があり、小さないぼは美容整形外科で傷跡を残さずにきれいに除去する治療方法に注目です。イボが小さければ、レーザーや電気凝固での治療が可能なので、専門医に相談しながら一人一人に合った治療方法を提案してもらう事をおすすめします。